日語勵志名言警句

すべての人が幸せを求めている
しかし幸せというものは
そうやすやすと やってくるものではない
時には不幸という 帽子をかぶって やってくる
― 坂村 真民 ―
(『幸せの帽子』)


一生悟れなくてもいいから
感動いっぱい、感激いっぱいの
いのちを生きたいと思います

                   ― 相田 みつを ―
                     (書傢)


自分の尊いことを知らないで何が出來ますか。

                   ― 北大路 魯山人 ―
                     (陶蕓傢)


視ること、それはもうなにかなのだ。
自分の魂の一部分或いは全部がそれに乗り移ることなのだ。

                   ― 梶井 基次郎 ―
                     (『ある心の風景』)


尊敬すべき幸福な人は、逆境にいても、つまらぬことはくよくよせず、
心配しても始まらないことは心配せず、自分の力のないことは天に任せて、
自分の心がけをよくし、根本から再生の努力をする人である。

                   ― 武者小路 実篤 ―
                     (『幸福について』)


そうであろうと努めながら、ついにそうであることはできない。
しかしそうであろうと努めること、それ自體が尊いのだ。

                   ― 稲盛 和夫 ―
                     (『生き方』)


生活があって人生のない一生ほどわびしいものはない。

                   ― 遠藤 周作 ―
                     (小説傢)


人間の苦しみや悲しみで、
人間のたたかい得ないものはないのだ。

                   ― 椎名 麟三 ―
                     (小説傢)


人間は誰でも自分がいちばん大切なのです。
そして、そのことをほんとうに自覚した人間だけが、
自然なかたちで他人を大切に思うことができる。

                   ― 五木 寛之 ―
                     (『生きるヒント』)


もしこの世の中に「愛する心」がなかったら、
人間はだれもが孤獨です。

                   ― 中原 淳一 ―
                     (『しあわせの花束』)

お客様は神様です、という言葉があるが、
消費者は神様以上のきびしさをお持ちである。

                   ― 安藤 百福 ―
                     (日清食品創業者)


人生のどんな隅にも、どんなつまらなそうな境遇にも、
やっぱり望みはあるのだ。

                   ― 菊池 寛 ―
                     (『出世』)


行動にはつねに動機があり、目的がある。
動機が正義であり、目的が善であって、
その行動だけが悪だということは、人間にはありえない。

                   ― 本田 宗一郎 ―
                    (本田技研工業創業者)


動物はみな弱いものをくって生きる以上、
だれかの生まれかわりだ。

                   ― 水上 勉 ―
                 (『ブンナよ、木からおりてこい』)


幸福は常に努力する生活の中にのみあるのだ。

                   ― 石川 達三 ―

共2頁,當前第1頁12

Leave a Reply